診療案内

当院の検査について

<心臓の検査>

犬や猫の心臓病

人間の「心臓病」と同じように、犬や猫などの動物にもさまざまな心臓病があることが分かってきています。

  • ■僧房弁閉鎖不全症
  • ■三尖弁閉鎖不全症
  • ■肺動脈弁狭窄症
  • ■フィラリア症
  • ■動脈管開存症
  • ■拡張型心筋症
  • ■肥大型心筋症 など

高齢期のポメラニアン、マルチーズ、チワワなどの小型犬では「僧帽弁閉鎖不全症」などの弁膜症が多くみられます。この病気は、初期症状がなく心臓の音が異常(雑音が聞こえる)などの症状だけですが、加齢とともに病状が進行し、ひどい咳や苦しそうな呼吸が見られるようになります。

また、猫で多い心臓病の「肥大型心筋症」や、大型犬で見られる「拡張型心筋症」では、心臓の聴診だけでは早期発見が難しく、超音波などの画像診断が欠かせません。超音波検査は、超音波機器の性能やモードによって評価できる病態が違いますが、カラーモードおよびドプラ機能を搭載している超音波機器であれば、より詳細な心臓内の評価が行うことができます。

心臓の検査

心臓病は初期の段階では症状がほとんどなく、飼い主様が気付いたときには病状が進行してしまっていることが少なくありません。
そのため、定期的な健康診断や心臓検診を受けて早期発見・早期治療することが重要になってきます。
心臓の検査は通常いくつかの検査を組み合わせて行います。まずは最近の行動や症状に変化がないかを詳しく伺い、触診など一般身体検査を行い、そして聴診器で心臓の音や呼吸の音に異常がないかなどを確認します。そして、必要があれば精密検査を実施していきます。

【レントゲン検査】
レントゲン検査では、心臓の大きさや形の変化を確認し、心臓病と密接な関係のある肺や気管の異常を確認することができます。

【超音波検査】
超音波検査では、心臓内部の構造の変化や心臓の動きを詳細に見ることができます。ほとんどの心臓病は超音波検査によって診断が可能といわれています。
また、当院の超音波機器ではドプラ機能を活用することで、心臓内部と血管を流れる「血液の流れやその速度」などを詳細に評価し、病態に合った治療方法を選択することができます。

【その他の検査】
心臓病による他の臓器への影響を見るための血液検査や、血圧の測定なども実施することがあります。

心臓検診

「心臓病と言われたことがある」
「心臓から雑音が聞こえると言われた」
「心臓が悪いから、手術はできないと言われた」

こんな心臓にまつわる不安や心配があれば、相談だけでもかまいませんので、ご来院ください。
「心臓病」を、音だけではなく画像でしっかり診断し、また定期的に検査をしていくことで大切な心臓と長くお付き合いしていくことができるのです。

また、特定の心臓病では、「心カテーテル検査」や「ホルター心電図」などの特殊検査機器が必要になります。その場合は速やかに大学病院などの高度獣医療施設をご紹介させていただきます。

<内視鏡検査>

内視鏡の仕組み

当院には動物用の内視鏡を備えています。人間の場合、胃カメラとしてよく知られている医療機器ですが、動物病院では犬や猫でたびたび発生する「異物の誤飲」(ぬいぐるみ・ボール類・固いガム・骨・石・ひも・裁縫針・靴下・タオル・プラスチック片・植物の種・竹串など)のケースで、消化管内の確認や異物摘出に使用します。
また、胃や食道の組織を採取し病理組織検査を行うことや、粘膜表面を直接肉眼で確認することで下痢や嘔吐などの消化器疾患の診断を行います。


内視鏡とは、簡単に言ってしまうと先端にレンズのついた管を差し入れて体の中をモニターで観察し、場合によってはその場で処置・治療をする医療機器です。レンズのついた細い管のことをビデオスコープ、それがつながったテレビのような本体のことをビデオシステムと呼びます。
ビデオスコープは、直径1センチ弱の柔らかい管で、その先端は手元の操作で上下左右に動くようになっています。
ですから、消化管のような曲がりくねったところにもスムーズに入っていくことが出来るのです。
さらに先端には、レンズを通じて画像をとらえるための超小型高性能カメラ(CCD)や、臓器内部の粘液や血液で先端レンズが汚れたときに水や空気を噴出して洗い流すノズル、鉗子などの器具を入れるための穴などがあります。

内視鏡で出来ること

○胃や腸の中の病変を直接見ることが出来ます。
たとえば、レントゲンでは写らない胃の中の毛玉を見つけることが出来たり、炎症や出血をしている場所などを正しく診断する事が出来ます。

○組織の一部を摘み取って、その組織を検査することで、消化管内のできものがただのポリープなのか、悪性の腫瘍なのか診断する事が出来ます。

○犬や猫で内視鏡処置で最も多いのは消化管内の異物除去です。
形状や大きさにもよりますが、内視鏡の先端に鉗子を取り付けて異物を摘出することができます。開腹手術と比べ動物の体への負担を最小限に抑えることができます。

内視鏡検査例

○慢性の嘔吐・下痢の場合
○血便、黒っぽい便、ゼリー状の便が続く場合
○吐出(食べたものをすぐに吐く)がみられる場合
○異物(おもちゃ等の消化されない物)を飲み込んでしまった場合

※内視鏡検査は全身麻酔下で実施します。
動物の内視鏡検査は事前に身体検査、血液検査、レントゲン検査等を行い動物の状態を把握してから全身麻酔で行います。内視鏡検査の前日夜21時以降はご飯やおやつは絶対に与えないでください。

処置例

胃内異物の摘出(異物:クッション内の綿)
犬(ラブラドールレトリーバー)

【臨床経過】
来院前日の夜、クッション内の綿を誤食。その後、食欲低下と嘔吐、下痢が認められ来院。
【内視鏡処置】
内視鏡により胃内残留した多量の綿を確認し鉗子にて摘出。
【経過】
処置後、食欲は回復し、嘔吐、下痢も改善した。


胃内異物の摘出(異物:フキン)
犬(雑種)

【臨床経過】
ふきんを誤食し、その翌日から数日間続く頻回嘔吐を主訴に来院。
【内視鏡処置】
内視鏡により胃~十二指腸領域に異物を確認し鉗子にて摘出。
【経過】
異物摘出後、嘔吐は消失し経過良好。

ページ先頭へ