診療案内

予防サポートについて

ワンちゃん・ネコちゃんの予防接種(ワクチン)について<予約不要>

ワクチンはワンちゃんやネコちゃん同士の伝染病予防の注射です。仔犬・仔猫は、産まれてから2ヵ月後まではお母さんの免疫がありますので、1回目のワクチンは生後2ヶ月頃にワクチン接種を行います。その後、免疫を高めるため、数回の追加接種をお願いしています。

【仔犬の場合】生後2ヶ月で1回、その後1ヶ月ごとに2回の合計3回
【仔猫の場合】生後2ヶ月で1回、その1ヶ月後に1回の合計2回

その後は、ワンちゃんネコちゃんともに、1年に1回の追加接種が必要になります。

【ワクチンでご来院の方へ】
ワクチン接種(狂犬病ワクチン・混合ワクチン)により、まれにアレルギー反応が起きる場合があります。アレルギーの症状としては、主に発熱・嘔吐・発疹・顔面が腫れるなどの軽い症状から、非常に稀ではありますがひどい場合ではショック状態に陥り、命に関わることもあります。(アナフィラキシーショック)

当院では、アレルギー症状が起こった場合に適切な対応・処置をさせていただくためにも、ワクチン接種の時間は18時までとお願いしております。なおワクチン接種は、体調の良い日にご来院ください。ご予約の必要はございません。

  • 処置料(税別)
  • 犬7種混合ワクチン:7,000円
  • 犬5種混合ワクチン:4,500円
  • 猫5種混合ワクチン:6,000円
  • 猫3種混合ワクチン:3,500円

※犬8種、9種、猫エイズ(FIV)ワクチン、その他のワクチンもございますので、お申し付けください。

狂犬病予防接種について<予約不要>

狂犬病とは・・・
狂犬病は人間も含め哺乳類がかかる伝染病で、発症するとほぼ100%死亡してしまう恐ろしい病気です。狂犬病ウイルスに感染した動物にかまれることで感染します。日本では昭和32年(1957年)以降は発生していませんが、流通の国際化により海外との往来が頻繁になっている現在、いつ狂犬病に感染した動物が入ってきてもおかしくない状況なのです。

日本では、狂犬病の流行を防ぐ為、飼い犬の登録及び毎年の予防注射が、狂犬病予防法により義務付けられています。
当院では、一年中狂犬病の予防接種が可能です。
行政機関への手続きに関しては、集団予防接種の時期に相模原市および町田市に限り当院で代行しています。

  • ・狂犬病予防接種:2,950円(税込)
  • ・新規登録費用:3,000円(税込)(初回登録時のみ必要)
  • ・済票代:550円(税込)

※当院では、アレルギー症状が起こった場合に適切な対応・処置をさせていただくためにも、狂犬病予防接種の時間は18時までとお願いしております。
※狂犬病予防注射と混合ワクチンは一緒に打つことは出来ません。もし、ワクチンアレルギーが出てしまった場合、狂犬病予防注射か混合ワクチンかどちらでアレルギーが出てるのかわからないと次の年に対策が取れなくなる為です。また、2つ同時に打つと副作用が増強する可能性があります。

フィラリア症の予防<予約不要>

フィラリア症は蚊が媒介することで感染してしまう恐ろしい病気です。フィラリア症にかかるとミクロフィラリアが血管を通って、心臓に移行します。心臓にたどり着くとミクロフィラリアが「そう麺」ほどの大きさに成長し、それを取り除かなければ死に至ってしまいます。

フィラリア症は、毎年蚊が出始める4月頃から蚊がいなくなってから1ヶ月後の12月までの間、月に1回飲み薬を飲ませてあげることで予防ができます。なお、蚊が出始めるシーズンのはじめには、既に感染していないかを調べるために血液検査が必要です。
(※検査を受けずにお薬を飲ませてしまった場合、身体の具合が悪くなってしまう可能性がありますのでご注意ください。)

■フィラリアのライフサイクル

フィラリア予防薬
当院では、錠剤2種類とジャーキータイプをご用意しています。

  • ■錠剤(フィラリア予防+消化管内線虫駆除) (税別)
    500円(体重2.5kgまで)~2,200円(体重40kgまで)
  • ■錠剤(フィラリア予防) (税別)
    500円(体重3.8kgまで)~2,000円(体重45kgまで)
  • ■ジャーキータイプ(フィラリア予防+消化管内線虫駆除)(税別)
    800円(体重5.6kgまで)~2,500円(体重45kgまで)

※シーズン初回の場合は、血液検査が必要です。

ノミ・マダニの駆除・予防<予約不要>

気温が13℃を超えると、ノミ・マダニが活動を開始します。環境によっては、5匹のメスノミがいると30日後に約1,000匹の成虫と数万匹の幼虫、45,000個以上の卵が発生してしまいます。
ノミやダニが寄生すると、血を吸った場所に激しい痒みが生じるだけではなく、「ノミアレルギー皮膚炎」やマダニが媒介する「犬バベシア症」などの深刻な病気を引き起こすことがあります。
また、「猫ひっかき病」などペットだけではなく人間にも被害が及ぶ場合もありますので、しっかりと予防してあげましょう。

年間を通じて気温の高い「室内飼いのワンちゃんネコちゃん」であれば、年間を通じて予防を行うことが必要です。
当院では、成ノミやマダニを速やかに駆除し、ノミの卵の孵化・発育を阻止できる、フロントラインプラスをおススメしております。
また、皮膚に垂らすタイプが苦手な飼い主様へは錠剤の飲ませるタイプもご用意しています。

  • ■ノミ・マダニ駆除、予防薬 (税別)
  • 猫用 1,200円
  • 犬用S(~10kg) 1,400円
  • 犬用M(~20kg) 1,600円
  • 犬用L(~40kg) 1,800円
  • 犬用LL(~60kg) 2,000円

定期健康診断<要予約>

ワンちゃんやネコちゃんの1年間は人間の5歳~8歳に相当し、気がつかないうちに病気が進行している場合があります。
人間と同様、中年期(小型犬・中型犬・猫で6年位~、大型犬で5年位~)からは栄養の代謝が低下してくると共に、心臓病・腎臓病・肺・気管などの呼吸器疾患、腫瘍などの疾患にもかかりやすくなってきます。

人間 小・中型犬 人間 大型犬 人間
1年 17才 1年 17才 1年 12才
2年 23才 2年 23才 2年 19才
4年 32才 4年 32才 3年 28才
6年 40才 6年 40才 4年 33才
8年 48才 8年 48才 5年 40才
10年 56才 10年 56才 6年 48才
12年 64才 12年 64才 8年 60才
15年 76才 15年 76才 10年 76才
18年 88才 18年 88才 12年 86才

ペットの健康で幸せな生活のためにも、飼い主様の治療の負担を軽減するためにも、病気の早期発見・早期治療が大切です。プリモ動物病院では、健康診断の時期や年齢、飼い主様のご要望に応じて、ご利用いただきやすい、健康診断パックをご用意しています。

健康診断:年2回推奨(犬・猫共通)
  基本パック しっかりパック
予約 要予約 要予約
全コース共通検査 一般身体検査・デンタルチェック・尿検査・便検査 ・血液検査 (CBC・生化学17項目・電解質) 基本パックの内容と同じ
レントゲン - 胸・腹部
超音波検査(腹部) - 腹部エコー
お腹の中の見えない腫瘍など臓器の異常の早期発見につながります。
検査料金
¥7,000
¥15,000

オプション検査

甲状腺機能検査 T4
¥3,000
T4/FT4 セット
¥7,500
心臓エコー検査 心臓機能異常の早期発見、心不全の進行状況の詳細な確認ができます。
¥5,000

デンタルケア<要予約>

成人の80%以上が歯周病を持っているといわれていますが、ワンちゃんやネコちゃんも同様に、3歳以上の成犬・成猫の80%以上が歯周病を持っているといわれています。
デンタルケアの大切さは分かっている飼い主様でも、歯磨きをしようとすると嫌がるからとか、ケアのやり方自体がよくわからないからという理由で何もしていない人が非常に多いようです。
また、歯周病の場合には症状が出ても気づきにくいということも、この病気を多くしている一因だと言えます。
症状が出た頃には、すでに病気が進行している状態なので、普段からのケアと早めの治療がとても大切です。

まずは、口腔内検診を受けましょう。

お口の中を診察し、歯肉の状態や歯垢・歯石の付着度合いなどを確認します。
まだ、歯周病の初期に発症する「歯肉炎」程度であれば、進行を抑えるために、普段のお手入れについてアドバイスさせていただきます。
歯石が付着し「歯周炎」に進行している状態であれば、超音波スケーラー等を使用して、歯石を除去する必要があります。ワンちゃん、ネコちゃんの歯科処置を行うには全身麻酔が必要なので、麻酔下での処置が可能かどうか、術前検査(血液検査・X線検査等)を行い、基礎疾患の有無とその程度を確認します。

  • 歯周病の予防について
  • 歯周病の原因は歯垢中にいる細菌なので、歯垢を付着させないことが最大の予防法となります。最も効果の高い予防法は、歯磨き(ブラッシング)です。歯磨きのやり方がわからない場合はお気軽にスタッフにお声がけください。
    ブラッシングが難しい場合は、歯石付着予防効果のあるドライフードや、歯石除去効果のあるガム、ペット専用の歯磨き剤や歯ブラシも院内にご用意しています。

動物病院で歯石除去する場合の主な手順


①歯石がびっしりと歯を覆ってしまっています。

②鉗子を使い、おおまかに歯石を除去します。

③超音波スケラーで歯垢・歯石を除去します。

④ハンドスケラーで細かい歯垢・歯石を除去します。

⑤歯垢・歯石の再付着を防ぐため、歯肉に隠れている歯の表面を滑らかにします。(ルートプレーニング)

⑥研磨剤をつけたポリッシングブラシやラバーカップで歯の表面を研磨します。

⑦細菌や研磨剤、歯石のかけらなどが残っていると、キズの治りが遅くなったり、不快感の原因になったりしますので、きれいに洗い流します。

⑧処置終了です。 歯石を再付着させないために、普段からのケアを心がけてください。

※歯周病が重度の場合は、抜歯などの口腔外科処置が必要となることがあります。

歯を抜いたワンちゃん・ネコちゃんは処置後しばらくはドライフードをふやかしてあげるなど、やわらかいお食事にしてください。また数日間は、歯みがきや、デンタルガム、口でくわえて遊ぶおもちゃは控えてください。

ページ先頭へ